sotugyoolevel1
Reading passage written for YEAR 11 students in NZ


Message from Yumi Eto

Dear Japanese teachers in NZ,

This is a rewritten reading passage for year 11 students studying Japanese. I would like to invite NZ teachers to use this as you like for example, adding questions for reading/writing speaking practice, NCEA preparation and so on. 

The links below are relevant to the material and are very interesting. There are lots of possible uses to go with NZ curriculum.

You might like to get your students to write a letter to the duo, compare the small local school with another school (your school, another Japanese school whatever), compare the elder singer with his young brother, describe how they look like by showing them their photos, analyse why they are so popular in Japan, talk about what they think about what is happening in their future etc.

If you wish to have a word document which properly includes "ruby" (reading for Kanji put above Kanji characters) please email me.

It would be great if you could donate your own materials based on this to me so that I could pass that on to NZAJLT to share them with other teachers in NZ.

Sunmary of the story:

A duo of brothers of 13 and 15 olds is now very popular among young Japanese people in Japan.  They were born in Shizuoka that is famous for Mt Fuji and moved to Sado, an island in the Japan Sea. Their father loves Japanese folk music which was very popular in Japan in the 70's influenced by western music including the Beatles, Bob Dylan  and so on.  Inspired by his father, Ryuunosuke (elder boy) became interested in composing music and playing the guitar.  Then his young brother Naojiroo joined him and became a vocalist in the duo.  Their career as singers started when they took part in a local event to celebrate the year 2000. Now, they are very busy having concerts, being interviewed, appearing on TV etc. This March, they were invited to a tiny local junior school in an island off Kagoshima (the second southern-most prefecture in Japan) for a graduation ceremony. All the students got excited at having very popular young singers of their age at their own school and they had a wonderful time. It was very special for the duo, too.  Because the elder boy, Ryuunosuke, actually graduated from a junior school this month.


(If you need some vocabulary help to read Japanese, try

"Reading Tutor" http://language.tiu.ac.jp/tools_e.html

This is a great online translation tool. )


日本の人気兄弟歌手(にんききょうだいかしゅ)が いなかの中学校に 来て ライブ!!

日本の学校は 四月から 三月までです。三月は そつぎょうしきが あります。鹿児島(かごしま)県(けん)の海陽中学校(かいようちゅうがっこう)でも そつぎょうしきが ありました。この学校は 日本の南(みなみ)のいなかの島(しま)にあって ことしの そつぎょう生(せい)は 六人だけでした。

島には 高校が ありませんから そつぎょう後(ご) 学生たちは 島を出(で)て 高校に 行きます。ですから そつぎょうしきは とても 大きいイベントです。そして、ことしは、ゆうめいな兄弟(きょうだい)の歌手(かしゅ)が そつぎょうしきに 来ましたから そつぎょうしきは ほんとうに とくべつなものに なりました。

その兄弟の歌手の名まえは「平川内一丁目(ひらかわちいっちょうめ)」です。ちょっと へんな名まえですね。けれども これは、ほんとうの名まえです。この兄弟は 静岡県(しずおかけん)で 生(う)まれました。静岡が とても好きですから、じゅうしょを 名まえに しました。彼(かれ)らは 今(いま)は佐渡(さど) に 住(す)んでいます。佐渡は 島で、日本海に あります。

兄は 龍之介(りゅうのすけ)で 中学三年生、弟は 直次郎(なおじろう)で 中学一年生です。
彼らは きょ年の十一月に デビューしました。彼らのはじめてのCDの「東京」を 五万(まん)人の人が 買(か)いました。

日本では 三十年前 フォークソングが とても 人気が ありました。彼らのお父さんは フォークソングが  大好きで 龍之介(りゅうのすけ)に ギターを 教えたり、たくさんフォークソングを 聞かせたり しました龍之介(りゅうのすけ)は 前(まえ)は ほかの人の音楽を ひきましたが、今は 自分で 歌を 作ります。

そして 2000年には 弟の直次郎(なおじろう)も 兄といっしょに 音楽をはじめました。佐渡の2000年カウントダウンのイベントにも 出て、ゆうめいに なりました。今は、日本のいろいろなところで コンサートをしたり、ストリートライブを したりします。

中学生や高校生は 自分と同じぐらいの年の人の音楽が 好きですから、「平川内一丁目」は とても人気が あります。

兄の龍之介(りゅうのすけ)は よく、学校や ともだちの 歌をつくります。そして弟の直次郎(なおじろう)の声は とてもきれいです。その声(こえ)を聞いて たくさんの人が ファンになりました。

愛知県(あいちけん)の十才の男の子は テレビで 何度も この兄弟を見て 好きになりました。それで、お正月のお年玉(としだま)で CDを買いました。

彼らの 新しいCDが 二月十八日に でました。そつぎょうの歌です。海陽(かいよう)中学校のそつぎょうしきは 三月十四日でした。いなかの小さな島に 遠(とお)いところから ひこうきや でんしゃや ふねに のって ゆう名な中学生の歌手(かしゅ)が 来て、いっしょに うたったり しょくじをしたり しましたから みんなは とても うれしかったです。

その日は さむかったですが すばらしい音楽(おんがく)のプレゼントを もらって みなの心(こころ)は とても あたたかく なりました。
Useful links
Last updated  2008/09/28 01:19:32 PDTHits  1903